長崎市東町の歯医者・歯科|かんだ歯科

かんだ歯科では、歯医者が嫌いだったあなたが「また行ってみようかな」と思える場所を目指しています。

かんだ歯科では、歯医者が嫌いだったあなたが「また行ってみようかな」と思える場所を目指しています。

歯が痛くなくても大丈夫です!お口や歯のことでお悩みの方は気軽にご来院ください。

歯が痛くなくても大丈夫です!お口や歯のことでお悩みの方は気軽にご来院ください。

丁寧でわかりやすい説明はもちろん、歯科用CTや手術室を備えているので、精密な検査や外科的な処置もお任せください。

丁寧でわかりやすい説明はもちろん、歯科用CTや手術室を備えているので、精密な検査や外科的な処置もお任せください。

顔はちょっぴり怖いけど、心も対応もフレンドリーで技術力のある院長!スタッフの明るさも自慢です。

顔はちょっぴり怖いけど、心も対応もフレンドリーで技術力のある院長!スタッフの明るさも自慢です。

スライドショー
スライドショー
スライドショー
スライドショー

診療案内

歯周病治療

歯周病は、歯の根っこ近くに付着した歯周病菌が歯を支えている組織を壊してしまう病気で、悪化すれば歯を失ってしまいます。虫歯と違ってかかっていることに気付きにくく、同時に複数の歯が感染していることが一般的です。ぜひ、早めに治療を受けましょう。

詳しくはこちら

インプラント

インプラント治療は、失ってしまった歯を補う方法の一つです。従来は、ブリッジや入れ歯が主流でした。しかし、ブリッジや部分入れ歯はほかの歯に負担がかかり、総入れ歯は噛む力が弱くなってしまいます。インプラントの特徴は、ほかの歯に影響なくしっかりと噛めることです。

詳しくはこちら

入れ歯・義歯

入れ歯はよく噛めないものと思っていないでしょうか。当院では、手間を惜しまずに入れ歯を作製し、よく噛めて見た目にも配慮したものを提供します。「こんなにいろいろな検査をするんだ」と驚かれることもありますが、より良い入れ歯のため、ご理解いただければと思います。

詳しくはこちら

顎関節症治療

顎の関節に不具合が起きている状態が、顎関節症です。痛みを伴わない場合もありますが、痛みがあればマウスピースなど様々な方法で治療します。お口が開かなくなってしまったとき、整形外科に行かれる方もいらっしゃいますが、歯科医院で治療できますのでぜひおいでください。

詳しくはこちら

マウスガード

当院の院長は、日本スポーツ歯科医学会認定のマウスガードテクニカルインストラクターです。スポーツ中のけがからお口を守るスポーツマウスガードの作製は、当院にお任せください。より多くの方にお使いいただくため、リーズナブルな料金で提供しています。

詳しくはこちら

小児歯科

お子さまにとって歯科医院は行きたくないものかと思います。当院では、怖くないところだと思ってもらえるよう、治療の痛みを抑え、優しく丁寧に接することを心がけています。お子さまの歯は将来の歯並びにも影響する大切なものなので、乳歯の虫歯もきちんと治療しましょう。

詳しくはこちら

医院案内

医院名
かんだ歯科
住所
〒851-0116
長崎県長崎市東町1914
電話番号
095-830-2030
アクセス
長崎本線肥前古賀駅 出口 車8分
WEB予約

診療時間

 
09:30~12:30
14:30~18:30

【休診日】土曜午後、日曜、祝日

詳しくはこちら

歯科医師・スタッフ紹介

「ちょっと気になったから」そんな気軽な気持ちでお越しください

歯科医院は「痛くなってから行くところ」「治療は怖い」と思っている方が多いのではないでしょうか。当院は、もっと気軽に「ちょっと気になったから寄ってみる」場所になれたらと願っています。それは、歯科で治療する病気の代表「虫歯」と「歯周病」は、痛くなる前に予防すれば発症や進行を抑えることができるからです。

予防の具体的な方法は、検査に基づき、患者さまお一人おひとりに合わせた計画を立ててご提案します。皆さまに十分に納得していただいた上で治療を進めていきますので、まずは気軽な気持ちでお越しいただければと思います。

詳しくはこちら

インタビュー

患者さまがご家族やお知り合いを紹介してくださることもあり、当院を頼っていただけることが嬉しい限りです。

当院で治療を受けた患者さまの歯を見て、お知り合いの方が「自分も」と来院されたことがありました。また、ご夫婦でいらっしゃるようになった方々など、患者さま同士のつながりから当院を知っていただくことがよくあります。これからも、そのように多くの方々に喜んでいただける治療を提供していきたいと思っています。

詳しくはこちら

よくある質問

当院に寄せられるよくある質問にお答えいたします。

Q

歯が痛い!というとき、歯医者に行くまでの間はどうしたらいいですか?

A

なるべく早く受診するのに越したことはりませんが、それまでの間、痛みが我慢できなければ市販の痛み止めを服用しておいてください。また、風邪を引いたときと同様に考え、ごろごろして過ごすなど身体を休めることもおすすめです。

時折、痛み箇所を冷やす方がいらっしゃいますが、腫れやすくなるのでおすすめできません。

Q

歯医者は痛くなってから行くものですか?

A

昭和の頃は、歯が痛くなってから受診するのが一般的で、そのために治療自体も痛みを伴うものになりがちでした。さらに、重症化しているため通院期間も長めだったと思います。

しかし、痛みが出る前であれば虫歯もまだ軽度ですので、治療の痛みが少なく通院期間も短くて済みます。ごくごく初期の虫歯は治療せず、「ここは虫歯になりかけていますから、気をつけて歯磨きしてください」と言われて終わりのこともあります。

定期的にメンテナンスを受けたり、少しでも気になることがあれば受診したりするなどして、ぜひ痛くなる前に治療を受けていただければと思います。

Q

初診時には何を持っていけばいいですか?

A

保険証を持ってきていただくのはもちろんですが、お薬を服用されている方は、あればお薬手帳をご持参ください。また、何か病気にかかっている場合はお知らせください。私たち医療従事者が患者さまの秘密を口外することはありません。

お薬やご病気が分かれば、相性の悪い薬品や治療方法を避けるように配慮して歯の治療を行います。当院では、お薬の相性をチェックするため、使用している薬品のデータベースを作り管理しています。