電話:095-830-2030

〒851-0116 長崎県長崎市東町1914

西九州インプラントセンター
CT画像診断センター

長崎市東町の一般歯科、小児歯科、矯正歯科、スポーツ歯科(マウスガードなど)、審美歯科、インプラント-かんだ歯科

インプラント

肥前古賀駅のかんだ歯科 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
お問い合わせ 院長の活動報告 スタッフコラム 料金表

インプラントとは

インプラントとは、失ってしまった天然歯の代わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。

従来の入れ歯とは違って、健康な歯を削る必要もなく、固定性であるためガタついたりせず、自分の歯と同じように“食べる・話す”ことができるようになります。

従来の治療法との比較

歯を1本失った場合

【従来】

周りの健康な歯を削ってブリッジにします。

【インプラント】

健康な歯をまったく削ることなく、歯のない部分にインプラントを埋入します。

歯を数本失った場合

【従来】

入れ歯を固定するため、健康な歯にバネをかけます。違和感がありバネをかけた歯に負担がかかります。

【インプラント】

歯のない部分にのみインプラントを埋入しますので、健康な歯に負担をかけません。

歯を全て失った場合

【従来】

総入れ歯を作製し、歯肉との吸着力で支えています。噛む力が弱く、食べ物が内側に入って痛かったりします。

【インプラント】

インプラントが顎の骨にしっかりと固定され、ガタつきがなく安定します。

インプラント治療の流れ

診査・診断・治療計画
次へ
インプラント治療に必要な診査を行い、治療が可能かどうかの診断を行います。治療可能な場合は、患者さんと相談しながら治療計画を立てます。
インプラントの埋入手術
次へ
インプラントを埋入する部位の歯肉を開き、顎の骨にインプラントを埋入します。インプラントが骨にしっかり結合するまで約3ヶ月程度待ちます。(この間、必要に応じて仮歯を入れますので、日常生活に差し支えありません。)
アバットメントの接続
次へ
人工歯を支えるためのアバットメント(支台部)をインプラントに接続します。(歯肉が治癒するまで約3週間待ちます。仮歯あり。)
人口歯の装着
次へ
歯を製作するためにお口の中の型を取ります。作成した人工歯をアバットメント(支台部)に装着して完成です。
メンテナンス
インプラントの形や特徴をよく理解した上で、担当医の指導に従ってブラッシングを行い、歯垢や歯石の沈着を防ぎます。
歯を長持ちさせるために、定期的に担当医の検診を受けることをお勧めします。

最新の歯科用CT撮影装置を導入しています。

かんだ歯科では、新たに歯科用CT撮影装置(Computed Tomography)を導入しています。

従来のレントゲンでは正確に確認できなかった神経管の位置やインプラント埋入部位の骨の状態が正確に確認でき、より安全・確実にインプラント治療を行うことが可能となりました。
また、このCT撮影装置は歯周病治療や根管治療にも使用でき、歯科治療において実に大きな恩恵をもたらしてくれます。

インプラント治療症例写真

  • 次へ

インプラントの費用

インプラントの費用はこちら >>>

Q1.インプラントの適齢は?
インプラントは骨に埋め込むものですので、骨の成長期は不適です。従って骨の成長が落ち着いた20歳前後から、ご高齢の方でも条件が揃えば十分に可能です。ただしご高齢の方の場合は骨とインプラントの結合に時間がかかる場合が多いようです。
Q2.インプラントはどれくらいもつものなの?
スウェーデンでの調査によれば、15年以上もっている患者さんが90%近くいらっしゃるとのことでした。手入れをきちんとして、定期的なメンテナンスを続けることで長くおつきあいいただけるものなのです。
Q3.手術がこわいんですけど。
麻酔をしますので痛みは極力おさえることができます。痛みの程度も抜歯程度と考えていただけばイメージしやすいでしょうか。
手術に関しても入院等の必要はほとんどありませんので、通常の生活をしていただけますが、術後は安静を心掛けてください。
手術は内容に応じて1回~2回程度になります。治療期間としては3~6ヶ月です。
Q4.インプラントに使用されている金属で、体に影響はありませんか?
インプラントに使用する金属はチタンです。チタンは生体親和性が高く、骨と結合しやすく、生体内で変化の少ない金属です。研究等で安全性も確立されています。
Q5.インプラント治療後、食べ物などの制限はありますか?
インプラントは顎の骨と結合し、丈夫な土台となりますので、自分の歯と同じように固いものでもしっかりと噛むことができ、入れ歯のような異物感がなく、快適に御使用いただけます。
Q6.インプラントの治療期間中は歯がないままですか?
1次手術の後、1週間から2週間は傷口を守るために、入れ歯はお使いいただけませんが、その後、入れ歯を使用することが出来ます。前歯は、手術当日もしくは翌日に仮歯を入れます。
Q7.手術の際、入院が必要ですか?
特別な場合をのぞけば一次手術でも、二次手術でも入院の必要はありません。また、充分な局部麻酔下で手術を行いますので、従来の歯科診療に比べても痛みを感じる度合いは強くないと言えるでしょう。
しかし、通常の外科手術(抜歯等)と同様に手術当日は安静にしておく必要があります。
Q8.インプラント治療の良いところは?
インプラントは固定式ですので、入れ歯のように取り外す必要がありません。また、入れ歯ですと天然歯の30%位しか噛むことが出来ませんが、インプラントでは80%位の機能回復が出来ます(違和感はほとんどありません)。また、インプラントは自立式ですので、ブリッジのように両隣の歯を削って支える必要はありません。

インプラント治療にご興味がある方は当院スタッフまで、お気軽にご相談下さい。

ページトップへ